一眼レフ買取で相場より高く売る方法は?

不要になった一眼レフ本体やレンズを近所のカメラ店、リサイクルショップなどで売っているなら、大きな金額を損していると思います。
特に実店舗のカメラ店では、買取金額が低い傾向にあります。
近所に住んでいるからといって、査定に持ち込むと損をすることになります。

 

 

自分も昔はカメラのキタムラさんに持ち込んで買い取って貰っていましたが、ネットの一眼レフ買取を利用したら、便利さにビックリしました。
もう戻れなくなくなってしまって、それ以降は一度も行っていません。
超簡単、超便利で、しかも近所の実店舗よりも高い金額で買取してくれるとなれば、もう実店舗で一眼レフやレンズを売るなんて考えられなくなってしまいました。

 

特に古くてワケありの一眼レフやレンズを一度に売る時は、なおさらです。

 

とは言っても、ネットならどこでも一緒かと言えば、そうではないです。
近所の実店舗に売る場合だって、それぞれに金額が異なるのと一緒です。

 

ここでは、自分の売却経験を元に、ネットでの一眼レフ買取がお得な理由や、一般的な手続きの流れ、おすすめの一眼レフ買取サイトなどを紹介しています。
参考にしてみてください。

 

一眼レフ買取ならネットがお得なワケ

 

一眼レフの買取額が高い!

どうせ売るなら高く売りたいのは当たり前ですよね?
古い一眼レフ本体やレンズを買取して貰ったお金で、新しい一眼レフやレンズを買ってもいいし、なんなら少し豪華な食事を楽しむとかもアリですよね。
高く売れて困る人はいないと思います。
ネットでは、実店舗よりも高く売れるという話をしましたが、もちろんそれには理由があります。

 

店舗・人件費などの経費が低い

一眼レフ買取の実店舗で一番の大手と言えばカメラのキタムラですが、ロードサイドの広いショップ(しかも全国!)で沢山の従業員の方達が働いていますよね?
こういったショップの家賃や人件費は、ネットでの一眼レフ買取ではほとんど掛かりません。

 

つまり、ネット専業なら大きな倉庫が1ヶ所あれば十分なんですね!
店舗を構える必要はありません。
一眼レフ買取サイトは、直接お客さんが来るわけではないので、従業員も最低限の人数で十分です。

 

ネットの一眼レフ買取サイトは、ローコストで運営しているからこそ、高額査定が可能なんです。
多額の人件費や広告代金を使わなくても、高く買取することで、人気の機種が集まりやすいという戦略もあります。
いずれにしても、実店舗に比べ、経費などのコスト面で圧倒的に有利なわけです。

 

一眼レフ・レンズの査定方法が異なる

まず、最初に重要なのが、実店舗の場合、ショップ毎の在庫や売れ筋に査定が大きく左右される点です。
一眼レフ・レンズ全般の全国的な相場、市場価格よりも店舗毎の事情の方が優先します。

 

実店舗、ネットに限らず、買い取った一眼レフは別の誰かに販売しなければいけません。
そのため、その店舗で在庫を一定数抱えていると、もう店舗側としては買取などしたくないわけです。
そういった場合、買取金額を大幅に引き下げて、相場の半値とか、もう当たり前にある状況なんですね。

 

ほんと、安いですよね〜。

 

古い機種ほど、こういった傾向が強くなります。
というか、発売から日が浅い一眼レフや、名機と言われるような人気機種以外は、安く買いたたかれると思っておけば間違いありません。
リサイクルショップなどは特にそうですが、中古一眼レフをコンスタントに売る力が無いんですね。

 

 

他店舗と在庫を融通しあえば良いのではと思うかもしれませんが、ショップ間の在庫調整や物流手配にも費用が掛かります。
そうなると、ますます高い金額では買い取れなくなってしまうわけです。
こんなところに一眼レフの買取をお願いしても、損するだけです。

 

一眼レフ買取サイトの場合、販売もネットですから、全国的な需要に応じて価格を査定していますし、査定員も相場の状況を熟知したプロフェッショナルです。
実店舗では査定員が全国に必要ですが、ネットの場合は1ケ所で査定できるからこそ、可能な方法なんですね。

 

競争が活発

一眼レフ買取サイトの競争が激しいので、ライバルに勝つため、少しでも査定金額を高くして人気の一眼レフやレンズを集めたいという事情があります。
実店舗の場合、競争相手は近所のお店だけですが、ネットの場合は全国の一眼レフ買取サイトが相手なので、競争も活発です。

 

買い取る側で競争してくれるのは、売る側にとっては良いことですよね。
その分、サービスが良くなっていきますから。

 

一眼レフ買取サイトも、以前に比べてどんどんサービスが良くなっています!
ネットだからというだけではありません。
競争が活発なことによって、売る側にお得な状態が生まれているのです。

 

自宅で一眼レフの買取が完了する!

一眼レフ買取はネットがお得な理由のひとつに、自宅で全ての手続きが完了するという点があります。
カメラ店やリサイクルショップの場合、一眼レフ本体やレンズを店舗まで持ち込んで買い取りを依頼、査定中はひたすら待つしかありません。

 

一眼レフ買取サイトなら、ネットで申し込んだら、段ボールに詰めて、あとは集荷に来るのを待つだけです。
お金は口座に振り込んでくれますから、まったくの手間いらずです。

 

これって、大量の一眼レフ・レンズの買取になればなるほど、ほんと〜に楽!!

 

これからの一眼レフ買取は、やっぱりネットしかないな〜と感じると思いますよ。
私もそうでしたから!(笑)

 

一眼レフの買取業者を比較できる!

一眼レフ買取に限らず、買物なり、サービスの利用なりで損しないために、「比較」は重要です。
ネットが有利というのは、実店舗に比べて業者側のコストが低いというのもありますが、比較が容易という要素も大きいです。

 

一眼レフ買取サイトは、それぞれのサービスの条件をサイトで公開しています。
サービスレベルはそれぞれに異なりますので、自分が売りたい一眼レフやレンズの数量に合わせて、高値で買取してくれそうな所を比較して選ぶことが可能です。

 

実店舗に依頼する場合は、実際に持ち込む必要があるため、比較するといっても、何店舗も持ち歩くのは大変ですよね。
時間も掛かりますし、それ以前に重いですから。。
一眼レフ買取サイトの比較ポイントですが、以下のような点に注意すると良いと思います。

 

比較ポイント
送料 送料が無料になる最小単位。送料が無料になるところに一眼レフ買取を依頼すると得。
梱包 ダンボールプレゼントの有無。手持ちでダンボールがない時は便利です。
期間 査定にかかる期間。早い方がポイント高いです。
返送 一部返送対応と返送料有無。一部買取、一部返送が可能かどうかと送料負担。
入金 入金にかかる期間。早い方がポイント高いです。

 

一眼レフ買取サイトの比較で一番おすすめは?

今一番おすすめなのは、「カメラ高く売れるドットコム」さんです!
最新の一眼レフだけではなく、他社が取り扱わないような壊れている一眼レフなども、状態が良ければ買取してくれます。
キタムラさん、マップカメラさん、他のサイトでも見積もりしてみましたが、「カメラ高く売れるドットコム」さんが一番高かったです!

 

専用の梱包キット、配送料なども無料、返送料も無料、気軽に査定依頼できる点もおすすめです。
出張査定も無料で依頼できるので、大量に売る場合などは本当に便利です!
興味があれば、公式サイトで確認してみてくださいね。

 

60秒で完了する「今すぐWEB査定」がむちゃくちゃ便利ですよ!!

 

>>公式サイトで詳細を確認<<

 

一眼レフ買取サイトが実店舗より得なのは分かったけど、オークションやフリマアプリと比べたら?

 

それぞれの特徴についてまとめてみました。
先に結論から言ってしまうと、手間が掛かっても1円でも高く売りたいなら、買取サイトではなくオークションやフリマアプリの利用をおすすめします!

 

オークションのメリット・デメリット
メリット

思わぬ高値で売れる場合がある。

 

デメリット

思わぬ安値で落札される場合がある。
手間(出品、やり取り、発送など)が掛かる。
落札者に個人情報が知られる。

 

フリマアプリのメリット・デメリット
メリット

自分で売却額を決められる。

 

デメリット

相場が分からないと、高すぎて売れなかったり、安すぎて損したりする場合がある。
手間(出品、やり取り、発送など)が掛かる。

 

一眼レフ買取サイトのメリット・デメリット
メリット

手間が掛からない。
一眼レフ本体・レンズをまとめて買取して貰える。
プロが相手なので、ワケあり品でも後でクレームになることがない。

 

デメリット

オークション・フリマアプリを比較すると買取金額が低い場合がある。

 

一眼レフ買取の流れ

 

一眼レフ買取の流れは、サイトによって若干異なりますので、公式サイトで必ず確認してください。
ここでは、宅配買取の一般的な流れを紹介しています。

 

STEP1.書類の準備

買取依頼する一眼レフ本体やレンズに同封する身分証明書のコピーを準備します。
身分証明書となる書類については、次項の「一眼レフ買取に必要な書類」を参考にしてください。

 

STEP2.梱包作業

STEP1で準備した身分証明書のコピーを入れて、一眼レフ本体・レンズを梱包します。
一眼レフ・レンズの数によって、ダンボール・紙袋等を使い分け、傷が付かないように、しっかりと梱包します。

 

STEP3.申し込み

一眼レフ買取サイトにアクセスして、申し込みのフォームに必要事項を入力して申し込みます。
申し込みは数分で完了する簡単なものですね。

 

STEP4.集荷

申し込み時に依頼した日時、住所まで運送会社が集荷に来ますので、業者に渡せば、利用者の作業は完了です。
自分で発送が必要な一眼レフ買取サイトの場合は、自分で運送業者に集荷の依頼を行います。

 

STEP5.査定

一眼レフ買取サイトによって異なりますが、到着当日〜3営業日以内に査定結果の連絡があります。
金額が折り合わなければ、指定された期間内にキャンセルの申し込みを行います。

 

STEP6.入金

一眼レフ買取サイトから、銀行口座に振り込みがあります。
最短当日〜2営業日以内の入金になっている所が多いですね。

 

一眼レフ買取に必要な書類

 

一眼レフ買取は、古物商という形態の事業なので、古物営業法という法律で、相手方の身分証明書の提示を受けることを義務付けられています。
身分証明書の種類は、サイトによって異なりますが、運転免許証、健康保険証は、どこでも有効です。
それ以外では、以下のような証明書があります。

 

住民基本台帳カード(写真付き)、住民票、印鑑登録証明書、パスポート、年金手帳

 

未成年者は一眼レフ買取の依頼はできません。
(保護者の方の同意が必要です)
それ以外だと、身分証の氏名と振込先の銀行口座の名義が異なる場合(例えば結婚して名義変更していない場合など)も、買い取って貰えないので注意が必要です。

 

買取できない一眼レフ・レンズ

 

以下のような一眼レフ本体・レンズは買取対象外です。

  • 盗品
  • 不正商品
  • 型番や状態の確認ができない
  • リース品
  • レンタル品
  • 分割支払い中

 


>>公式サイトで詳細を確認<<